訪問診療

訪問診療と往診の違いとは?

訪問診療とは、定期的かつ計画的な医療サービス(=診療)を、医師が患者様の自宅を訪問して診療することを言います。

一方、往診とは、通院できない患者さまの要請を受けて、医師がその都度、診療を行うことです。

突発的な病状の変化に対して、救急車を呼ぶほどでもない場合など、普段からお世話になっているホームドクターにお願いして診察に来てもらうもので、基本的には困ったときの臨時の手段となります。

訪問診療の対象となる条件

  • 自宅療養中で通院が困難な方
  • 自宅で病院と同様の医療サービスを受けたい
  • 病気や障害などによって歩行が困難な方
  • 寝たきりで通院が困難な方
  • 人工呼吸器などを装着して移動が困難な方
  • 終末期療養や退院後の療養を自宅で行いたい方
  • 自宅での看取りを希望されている方

緊急時の往診だけ、という利用は基本的にはできません。

また、ご自身での通院が可能な方や、家族の方が付き添って通院することができる方は訪問診療の対象とはなりません。

訪問診療を受けるまでの流れ

訪問診療サービスを受けたい場合は、直接問い合わせるか担当のケアマネジャーや病院を介して相談しましょう。

1.ご相談・お問い合わせ
まずは担当ケアマネジャーやご入院先のソーシャルワーカーにご相談ください。事前訪問の日程調整をさせていただきます。
2.事前訪問
担当の相談員・看護師がご自宅やご入院先へご説明に伺います。

ご本人の症状などお聞きするとともに、訪問診療の仕組みや緊急時の連絡方法、費用などについて詳しく説明いたします。
3.訪問診療の開始
診察には医師と看護師がご自宅に伺います。

まとめ

訪問診療まとめ

医師が患者の自宅を訪問して診療を行う訪問診療。訪問診療を受けられるのは「通院が困難であること」が条件となります。

基本的に訪問診療等で健康状態を把握できていない方からの往診だけの利用はできません。その場合はかかりつけ医の受診や、救急車の対応をお願いすることなどが考えられます。

訪問診療を希望される方は、まずは担当のケアマネジャーか、かかりつけ医師に相談しましょう。

診療所による事前訪問等により患者様の病状確認、訪問診療の内容や費用についての説明を経て診療計画が作成されます。その後は診療計画に基づいて医者が定期的に訪問診療を行います。

わからないことがありましたら、気軽にお問い合わせください。

診察内容

一般内科
一般内科
Read more
コーラルメディカルクリニック肝臓内科
肝臓内科
Read more
訪問診療
訪問診療
Read more
予防接種
予防接種
Read more