GLP1ダイエット

リバウンドを繰り返してきたダイエッターに朗報!韓国から火がつき、日本のクリニックでも処方できるようになった「GLP-1」

アメリカでは肥満症治療薬として認可されている夢のようなダイエット法が、岸和田市では初めての診療がコーラルメディカルクリニックで始まりました。

こんな方にGLP-1ダイエットがお薦めです

もしも、あなたが1つでも当てはまるなら、GLP-1ダイエットを試してみる価値はあるかもしれません。

  • ダイエットが続かない方
  • 忙しくて時間がない方
  • どうしても痩せない方
  • 運動が苦手な方
  • 食事制限したくない方
  • リバウンドしやすい方
  • 食欲が抑えられない方

太るメカニズムとは?

肥満のタイプ

日々の活動のためのエネルギーとして利用されるのは、食事から摂取した栄養です。しかし過剰に摂ってしまった栄養は体内に脂肪として蓄積されてしまい、この脂肪は飢餓などに対し備えようとする人間の生理的な反応でもあります。

日本人の主食は、昔も今も変わらず米。さらにパンや麺といった高炭水化物食が多く、栄養を過剰に摂取しやすい環境ともいえるでしょう。そして、脂肪が最も蓄積されやすい部位は大きく2つに分けられます。

  1. 皮膚の下の「皮下脂肪」
  2. 内臓の周囲にある「内臓脂肪」

特に内臓脂肪が多く蓄積されると、動脈硬化を促進する反応が盛んに起こることが知られています。

20代、30代の若い方もメタボリックシンドロームへの注意の必要性があり、年齢にかかわらず体重管理が必要となります。

GLP-1ってどんなお薬?

GLP-1とは

グルカゴン様ペプチド-1というホルモンを増やし、インスリンの分泌を高め、血糖値を下げます。血糖値が安定化すると、脂肪がつきにくくなり、体の代謝があがり、太りにくくなります。

また、食欲を抑える作用があり、栄養、炭水化物の過剰摂取を防ぐことができます。食べたものの吸収を遅らせる作用も御座います。そうすると、体内に蓄えている体脂肪が徐々に燃えやすくなり、ダイエットに効果的です。

GLP-1ダイエット 3つの特徴

GLP1と食事の関係

GLP-1ダイエットには大きく分けて3つの特徴があります。

特徴① 健康的に痩せられる

ダイエットといえば食事制限や激しい運動を考えている人が多いですが、続けられる人はほとんどいません。GLP-1ダイエットは、食欲を我慢するストレスから解放され、食事を楽しむことができます。

またGLP-1の効果で味覚が変化し、ジャンクフードが苦手になります。食生活を改善しやすい状態になり、治療後のリバウンドを防げます。

痩せるホルモン「GLP-1」により食欲が抑えられ、空腹感がなくなり、自然に食事量を減らすことができます。

特徴② 1日1分で簡単

専門医が一人ひとりのダイエット目標に合わせて処方したGLP-1を自宅で極細針を使って自己注射するだけです。毎回クリニックに通うことなく、自宅で続けることができます。

慣れると1日1分もかからないので、治療のために時間をかけたり、生活スタイルを変える必要がありません。

特徴③食欲を抑えてダイエット

意志力に頼ったハードなトレーニングや食事制限は、体に負担をかけ、むしろ健康を害します。食事制限はストレスホルモンを増やし、むしろ食欲を刺激して代謝を落とします。

GLP-1メディカルダイエットは、緩やかに体質を変えながら体重を減らすので、無理なく健康的に痩せることができます。

毎日の継続で実感が湧いてくるGLP-1

自己注射を継続すると、大きく4つの効果実感があるとされています。

  • 食べる量が徐々に減る
  • 食欲抑制により、食への欲求が落ちる
  • 胃の内容物排出がゆるやかになるため満腹感が持続
  • 通常の食事回数に戻る

当院では、治療期間を3ヶ月以上を推奨しています。但し、お客様の目標や体調などによって異なりますので、診察の際にご相談ください。

【GLP-1の安全性】アメリカ、ヨーロッパ、韓国で注目の治療法

GLP-1の安全性

肥満大国と呼ばれるアメリカ、欧州連合(EU)加盟28カ国、韓国では、既にこの「GLP-1ダイエット」にいち早く注目し、肥満治療のスタンダードとなっています。

GLP-1製剤は、もともと糖尿病治療薬として開発されましたが、その強力な体重減少作用から、各国で肥満治療薬として使われています。但し、肥満治療薬としては承認されていませんので自費診療になります。

GLP-1ダイエットの注意点

GLP-1ダイエットの注意点

副作用に関して

  • 注射部位の軽度の腫れ、かゆみ、内出血を伴うことがあります。
  • 心、嘔吐、便秘、下痢などの胃腸障害が認められることがあります。
  • 初期段階で出やすい症状ですが、徐々に改善傾向となります。

禁忌事項(下記の方はGLP-1ダイエットを受けられません)

  • GLP-1製剤に対し過敏症の既往のある方
  • 妊娠中、授乳中、または妊娠の可能性のある方
  • 腹水や浮腫がある方
  • 透析療法を受けている方

適応注意(下記の方はGLP-1ダイエットを受ける際に注意が必要)

  • 膵臓に異常のある方
  • がんの治療中、治療直後
  • 心機能、腎機能、肝機能が低下している方
  • 自己免疫疾患のある方

GLP-1ダイエット料金について

ビクトーザ 料金(税込価格)

初診2,880円
再診720円
採血・尿検査15,000円
ピクトーザ(1本、材料費込み)22,000円

ビクトーザ 1本の使用日数の目安

1回0.3mg使用約 50 日
1回1.2mg使用約 25 日
1回1.8mg使用約 7 日

療法同意書のダウンロード

GLP-1ダイエット治療には、同意書が必要となります。来院されてから記入して頂いても構いませんし、事前にPDFをダウンロードして印刷した同意書を持って来院されても結構です。

関連情報

シーパップ
無呼吸症候群シーパップ

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に何度も呼吸が止まった状態(無呼吸)が繰り返される病気です。 いびきや不眠 夜間の中途覚醒(夜間睡眠中に目が覚める) 起床時の頭痛 日中の眠 […]

コーラルメディカルクリニック総合内科
総合内科

コーラルメディカルクリニックでは高血圧症や糖尿病など慢性疾患の治療や、頭痛、腹痛など急性期の症状、花粉症などアレルギー性疾患等の診療を行っております。 また、「何科を受診したらいいのかわからない」「体調はよくないが、大き […]

むくみ、息切れ外来
むくみ・息ぎれ外来

手足のむくみや息切れは、高血圧などの心臓病・または腎臓病などだけでなく、甲状腺疾患や呼吸器疾患など原因は様々です。 当院では採血、レントゲン、心電図検査などで速やかに診断いたします。また近隣病院と連携して専門治療検査を受 […]

訪問診療
訪問診療

訪問診療と往診の違いとは? 訪問診療とは、定期的かつ計画的な医療サービス(=診療)を、医師が患者様の自宅を訪問して診療することを言います。 一方、往診とは、通院できない患者さまの要請を受けて、医師がその都度、診療を行うこ […]

自費診療
自費診療

自費診療とは、健康保険や診療報酬が適用されない診療のことで「全額自己負担」となります。 診療については個人情報やプライバシーに配慮しながら行いますので、安心してご相談ください。コーラルメディカルクリニックで行う自費診療は […]

予防接種
予防接種

予防接種とは、毒性を弱めた病原体(ウイルスや細菌)や毒素を、前もって投与しておくことにより、その病気にかかりにくくすることを予防接種といいます。 投与するものをワクチンあるいはトキソイド(以下、ワクチン)といいます。 ま […]

帯状疱疹ワクチン
帯状疱疹

帯状疱疹は50歳代から発症率が高くなり、80歳までの約3人に1人がかかると言われおり、多くの人が子供の時にかかる水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。 コーラルメディカルクリニックでは帯状疱疹予防に効果があるワクチン接 […]